パブコメ募集:WPT

「空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム(WPT)」について,パブコメの募集がかかりました.アマチュアとは2.4GHz・5.6GHz帯でぶつかります.一家言ある方はご提出どうぞ.

『空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの運用調整に関する基本的な在り方(案)に対する意見募集』
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban16_02000255.html

『空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの運用調整に関する基本的な在り方(案)』
https://www.soumu.go.jp/main_content/000739202.pdf

読み解きましょう.誤解していましたらご指摘ください.


WPTのチャネル案

以下のとおりです:
・918.0 919.2MHz (←以降割愛,アマチュアバンドに被らない)
・2412 2437 2462 2484MHz
・5740 5742 5744 5746 5748 5750 5752 5758 5764MHz

下図中,「赤」で示したところです.
20210323wpt2.4.jpg
20210323wpt5.6.jpg
『アマチュアバンドプラン』
https://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20200421.pdf
をリアルスケールにやむなくリライトしました(つらかった...).

占有周波数幅は概念的な図示で,厳密ではありません.
そうはいってもじつは
・もともと案 … 100kHz
・在り方案 … 規定しない
と,ゆるくなっています.

: https://www.soumu.go.jp/main_content/000664741.pdf


アマチュアとの共用

検討会の見解――JARLも参加――は,以下のとおりです:
○2.4GHz
・設置条件及び必要に応じ運用調整を行うことで共用可能

○5.6GHz
・EME/レピータの帯域を除き,19chを9chに削減。
・運用調整の枠組みを整える

...どうやら,キーワードはこの三つのようです:
(1) 設置条件
(2) 運用調整
(3) EME/レピータは避けたから許してね(5.6GHz帯).

では以下に順次,解もなく考察します.


設置条件

本項ではどちらかといいますと,

『空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの共用検討状況』
https://www.soumu.go.jp/main_content/000664741.pdf

のほうを参照しています.

●基本
・屋内
・天井から下に向けて吹く
――ですから,さほど横方向にはばらまかないでしょう.

検討モデルの一例:
20210323model-example.jpg

●隔離距離
そうはいっても電波天文的には,1.1~5.7kmといった値が示されていますから,それなりにnoisyなのかも:

○2.4GHz
・電波天文 小金井・水沢 … 1.6km
・電波天文 野辺山・臼田・石岡・石垣島・入来 … 5.7km
・N-STAR … 30m
・電波ビーコン … 22m
・放送事業用FPU … 8m

○5.6GHz
・電波天文 臼田 … 1.1km
・電波天文 石岡 … 1.8km
・ドローン … 1.3km(鉄筋コンクリートの壁越しで)
・放送業務用STL/TTL … 83.4m
・放送事業用FPU … 53.0m
・放送事業用TSL … 148.5m
・気象レーダー … 3.3km


運用調整

●あらまし
・WPT側の免許人が,主体的に対応
・産業界で仕組みの構築のうごきあり
・隔離距離が取れなければ,調整対象の免許人を特定~調整
・とどのつまり...
 - WPT側…必要な情報提供を行う
 - アマチュア側…前進的かつ協力的に対応
 - 双方…創意工夫の視点で協力

●“仕組み”の前例
 これが思い浮かびました:
 『特定ラジオマイク運用調整機構』
 https://www.radiomic.org/

 「ここに加入しないと,無線局の免許が下りない」――という,ものすごいスキームです.
 (JARLも...)

●はてどうやって影響先を特定するのだろう???
・『無線局等情報検索』では市区町村までしか開示されていません.

・アマチュア局は「移動」します.
 とくに,いまや5.6GHz帯の主力ユーザはドローンパイロットのみなさん.
 影響圏内に見知らぬ局が入って行く可能性はゼロではありません.
 →「航空法令上の届け出」を参照して引っかける手はある?

・伝える手段がありません.
 総通がWPTの免許人にアマチュアの住所氏名を教えるの?
 もしJARL会員であれば,その半分はjarl.comでeメールが届くであろうが.

・もしかして,アマチュア局はガン無視?


EME/レピータバンドの回避@5.6GHz

●初期案
5732~5768MHzを2MHzステップで,計19ch.

『空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの共用検討状況』
https://www.soumu.go.jp/main_content/000664741.pdf
によります.

●現案
レピーター・EMEのサブバンドを避けて,計9ch.
構想よりも減波しています.
5740 5742 5744 5746 5748 5750 5752 5758 5764MHz.
WPT側は「これで認めてくれ(許してくれ)」と申しております.

●5.6GHz帯レピータ
ありがたいこってすが,そこ,使っているのは全国で5局だけです.
そこまで力を入れて保護すべきサブバンドだとは,私は思わないんですけど....
なおレピータのダウンリンク側の周波数にあたります.

MHz
5765.10 JP2YFZ 豊橋          
5765.50 JP3YGR 京都・西京      
5765.60 JP2YHV 額田:幸田          
5765.94 JP2YFH 春日井          
5766.10 JR1WB 千代田区

●ビーコン
検討会の資料では言及がありませんが,ここも避けてくれているように見えます.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック